フリーランスに挑戦!はじめてガイド

チャレンジ!はじめてのフリーランス

フリーランスと直接雇用、働き方の違い

top middle bottom

直接雇用と比較!フリーランスの働き方


直接雇用とフリーランスの働き方の違いとは

正社員や契約社員等、企業と直接雇用関係を結ぶ働き方とフリーランスとしての働き方の違いとは何なのでしょうか?現在、直接雇用として働いている皆さんの中には気になったことがある方もいるのではないでしょうか。はじめてフリーランスという働き方をされる方や、興味がある方へ直接雇用との違いをご紹介します!
フリーランスの働き方として「自由に働ける」とイメージする人が多いでしょう。自分で仕事を選ぶことができ、スケジュールの管理も自分でできるので、フリーランスとして働く人のブログやSNSを見ると、海外旅行や語学旅行を楽しむ様子がアップされていて「自由でいいなあ」と羨ましく感じた人も多いはず!しかしフリーランスとして働くか、直接雇用として働くか、どちらの働き方でもそれぞれメリットとデメリットがあるんですよ。

収入について

フリーランスは、自分の実力とクライアント次第で業務量が異なるため、安定した収入を得られる働き方ができるまでに時間がかかる可能性があります。一方、直接雇用は毎月給料日があり、固定の金額が自分の口座に振り込まれます。
収入アップについて、フリーランスは自分の実力と成果、作品の完成度、クライアントと交渉する能力と、円滑にやり取りするコミュニケーション能力がとても重要になります。直接雇用の場合は、評価制度等により定期昇給のチャンスがありますね。

教育や福利厚生について

フリーランスは、スキル向上のために学校やオンラインセミナーに通う等、自分自身で勉強、自己管理と体調管理、モチベーションの持続をしなければなりません。しかしその分、自分の好きなことに一生懸命になれる楽しさと面白さ、ひとつずつコミットしていきスキルアップしていく喜びを感じることができますね。
直接雇用の場合は、厳しい研修や人間関係に耐えなければならない可能性、予想外の人事異動があるおそれがありますが、研修制度や異動により適宜教育を受ける機会が与えられています。また、直接雇用では社会保険が整備されていますが、フリーランスでは自分で各種契約を行うだけでなく確定申告や源泉徴収等の手続きを行う必要があるんです。
社会的な信用という面ではフリーランスは低めになりがちですが、少しずつフリーランスという働き方を選択する人口が増えていることで状況はどんどん変わりつつあります。これまでフリーランスはクレジットカードやローン等の契約が困難とされていましたが、どんどんその難易度も下がってきています。

自由な生活か安定した生活か

フリーランスの生活は不安定になる可能性がありますが、自分自身で道を切り開いていく楽しさ、自由に働けるメリットがあります。直接雇用では会社の組織の一員として安定した暮らし、生活の基盤をしっかりつくれるよさがありますね。

Twitter
Tweets by Starter_Guide