フリーランスに挑戦!はじめてガイド

チャレンジ!はじめてのフリーランス

フリーランスに向いている人の特徴

top middle bottom

向いてる人の特徴は?


きちんと自己管理・体調管理ができる人

まず一番大切なのはここ!しっかりと自分自身を管理することが非常に大切です。ミスをしてしまった時のリカバーやフォロー等も自分で行わないといけないため、きちんとした自己管理が必要です。フリーランスは「代わりにやってくれる人」がいません。体調が優れないからといって、休んだり締め切りに間に合わなくなるわけにはいかないので、きちんとした自己管理と体調管理ができることが大事になってきます。
また、自分自身の管理ができていると、高単価な仕事に参画できるチャンスをつかむことができます。コンスタントに経験を積み、スキルアップしていくことで、能力やクライアントからの信頼感を得られるからです。単価で仕事をしているフリーランスだからこそ、今よりも収入を上げたいのならば体調管理は必須!というわけです。

高いコミット力を持っている人

まず、コミット力って何?と思った方も多いはず。コミット力とは、納期管理やコスト管理を適正に行える能力のことです。コミット力が高い人は、仕事の質が劇的に高いことが多いです。締め切りをきちんと守るのはもちろんですが、あらかじめ計画した目標をひとつひとつ着実にクリアしていくことによって、クオリティの高い仕事をこなすことができるんです。しっかり責任を持って取り組むフリーランスは、クライアントにとって「今後も仕事をお願いしたい」という信頼の置ける相手となることでしょう。
コミュニケーション能力も非常に重要です。コミュニケーション能力と聞くとかなりハードルが高いと捉える人もいると思いますが、フリーランスに求められることは、シーンに合わせて適切なコミュニケーションが取れることなんです。いつもお互いの状況がわかりあえる環境ではないため、困った時や、報告、連絡が必要な時は積極的に相談できることが重要になります。いわゆる「報・連・相」が本当に大切!それらをいい感じのタイミングでできる人が、活躍するフリーランスになれるんです!

高い向上心を持っている人

フリーランスにとっての「向上心」とは何でしょう?勉強熱心でスキルアップの機会を自分自身で見つけようとするのはもちろん、世の中では何が流行しているのか?をすばやく見つけること、つまりトレンドをキャッチアップしようとするのがフリーランスにとって大切な「向上心」です。教えてくれる人がいないフリーランスの職場環境では、油断するとすぐにトレンドから置いて行かれてしまいます。常日頃、学ぶと共に時代の流れにも敏感であることが重要でしょう。
会社に縛られずに自分のペースで仕事ができることがフリーランスの醍醐味ですよね。「週2日働いて5日休む」という一般的な会社員と反対の生活送ることも可能なんです。でも、自由な時間を得るためにフリーランスという働き方を選ぶのであれば、その中でも常にアンテナを張っておく、という意識が必要かもしれませんね。

Twitter
Tweets by Starter_Guide